ゆうゆうの里
0120-70-1165
ゆうゆうの里
0120-70-1165
7ヵ所の〈ゆうゆうの里〉
神戸〈ゆうゆうの里〉
大阪〈ゆうゆうの里〉
京都〈ゆうゆうの里〉
浜松〈ゆうゆうの里〉
伊豆高原〈ゆうゆうの里〉
湯河原〈ゆうゆうの里〉
佐倉〈ゆうゆうの里〉
入居者ブログ
ケア実践報告ブックレット
研究活動報告〈ゆうゆうの里〉ケア実践シリーズとは

ケアスピリット「私にとってあなたはとても大切な人です」に基づく
実践から生まれた研究結果をまとめました。

〈ゆうゆうの里〉では、全職員が日常から問題点や課題を見つけ、研究と改善を積み重ねています。
研究のテーマは介護だけではなく、厨房・施設維持管理・事務・入居者募集など
全サービスにわたっています。

新刊紹介
できた、うれしいをサポート

高齢者と楽しむ「おりがみアクティビティ」 
1冊(本体460円+税) 送料無料

折り紙作品-1
折り紙作品-2
折り紙作品-3
〈ゆうゆうの里〉ケア実践報告のシリーズとして、大阪〈ゆうゆうの里〉で行っている「おりがみアクティビティ」を取り上げたリーフレットが発刊されました。
「おりがみ」で「鶴」を折るには、17回折る作業をします。それだけでなく、しっかりと折らないとならない箇所もあり、とても良い「指の運動」になります。また、完成した形を頭に描いて、次の折り方を考えることや、「昔、折ったことがあるんだけれど、どうだっただろうか?」と思い出しながら折ることは、とても良い「頭の運動」になります。こうした理由から、指先と頭を使う「おりがみ」は、脳の老化防止、介護予防、認知症予防につながるのでは?と注目されており、高齢者介護の現場でさかんに用いられてきています。
このリーフレットでは、前作の「いけばな」同様、方法の紹介だけではなく、援助する「介護スタッフ」が、活動する高齢者の皆さんの心身状況を踏まえた上で気を付けなくてはならないこと、大切にしなくてはならないことなどを、プログラム運営方法を中心にまとめてあります。紙を折ることで形が変わり、角を折ることで立体になり、重ねることで表情を作り、膨らますことで命が吹き込まれる。紙一枚が笑顔を生む、この「おりがみ」を通して、できる喜び・うれしい気持ちを味わっていただけたら幸いです。

※このリーフレットは、主にプログラムを運営する介護スタッフ向けに作成されたものです。「おりがみ」が得意でない方でも安心して気軽に取り組めるように、わかりやすく解説しています。是非ご覧ください。リーフレットはA4版24ページという読み易い形式になっています。


ご希望の方は、「メール」または「はがき」に
郵便番号・住所・電話番号・氏名・希望冊数を明記し
下記まで、お申込み下さい。

一般財団法人 日本老人福祉財団本部 「ブックレット係」
Eメール/book@yuyunosato.or.jp
はがき/〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-7-7
お問い合わせ/03-3662-3611(代)
URL/http://www.yuyunosato.or.jp/
ブックレット到着後、同封の振込用紙でお支払いください。

〈ゆうゆうの里〉でお買い求めいただくこともできます。
スタッフにお問い合わせください。

これまで出版したブックレット

「食べる楽しみをいつまでも」~ソフト食レシピ30~
楽しみながらもっと元気に「さわやか健康プログラム」~
施設の中は「どこでも相談室」
〈ゆうゆうの里〉接遇マナーでお迎えします
高齢者と楽しむ「いけばなアクティビティ」