有料老人ホーム〈ゆうゆうの里〉の介護等一時金について

 

[介護等一時金の内訳(金額はすべて税込)について ]<京都施設の例>

 

 介護等一時金は、居室と共用施設における平均利用年限に係る介護保険給付対象とならない介護サービスの費用の額に、平均利用年限を超えて継続的に利用する場合に備えて受領するものとして合理的に算定した金額を加算した額をご契約時に一括してお支払いいただく負担金(一人あたり7,020千円)です。また、負担金設定時の長期推計額の内訳は以下のとおりです。

(平成27年4月1日現在)

 

要介護者等以外に提供される生活支援サービス……………2,673千円

[生活支援サービス例]

1 一時的に体調を崩した時の日常生活上の介助
2 緊急時又は一時的に体調を崩した時の医療機関への通院、または入退院の付添は、協力医療機関と、宇治市内の医療機関及び南京都病院、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院に限ります
(但し京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院については協力医療機関より、医仁会武田総合病院については宇治武田病院より紹介があった場合に原則付添います)。
通院付添い時の交通費実費(付添い職員も含む)は入居者負担。京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院の通院付添いは原則タクシー利用。
3 入院時見舞い訪問(但し協力医療機関と、宇治市内の医療機関及び南京都病院、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院に限ります)。
回数は原則週2回、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院は原則週1回。
4 居室等からの緊急用コールの対応
5 アスレチックジムトレーニングサービス
6 プールトレーニングサービス
7 自然とふれあい親しむイベントの提供

 

要介護者等に提供される人員過配置によるサービス………4,347千円

(要介護者等2人に対し、週40時間換算で介護・看護職員1人以上)

人員を基準以上に配置して提供する介護サービスのうち、介護保険給付(利用者負担分を含む)による収入でカバーできない額に充当するものとして合理的な積算根拠に基づく

なお当該金額は、老人福祉法第29条第6項で定める受領が禁止されている権利金又は対価性のない金品に該当しません。

 

※このほか、以下の料金が入居者負担となります
 ・介護に伴う消耗品代(おむつ代・リネン費など)実費
 ・共用介護個室利用時のリネン代・・・150円/日
 ・洗濯諸雑費・・・200円/回(但し月5回以上利用の場合は1000円を上限とする)
※介護等一時金の金額・サービスの内容は施設によって異なります。詳細は各施設価格表をご参照ください。
※金額はすべて消費税込み。

 

 

 

公益社団法人 全国有料老人ホーム協会会員

一般財団法人 日本老人福祉財団

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-7-7