7ヵ所の〈ゆうゆうの里〉
神戸〈ゆうゆうの里〉
大阪〈ゆうゆうの里〉
京都〈ゆうゆうの里〉
浜松〈ゆうゆうの里〉
伊豆高原〈ゆうゆうの里〉
湯河原〈ゆうゆうの里〉
佐倉〈ゆうゆうの里〉
費用・費用のしくみ
〈ゆうゆうの里〉の料金体系の特徴

「安心して長生きしていただきたい」という考え方に基づいてつくられています。

まずは、毎月の費用を抑えた料金体系となっているのが特徴です。
年金などの一定の収入があって、毎月の支出がそれ以下であれば、蓄えを取り崩さなくとも暮らして行くことができます。長生きしただけ、蓄えがなくなって行く不安な思いをしなくて済みます。

そして、入居金の介護等一時金には、介護保険給付対象外の介護サービスに対する費用が含まれています。相互扶助の考え方に基づき、要介護にならなくともお支払いいただくものですが、万が一、重度介護になろうとも介護等一時金の負担が増えることはありません。

以上のことから、
・生涯にかかる費用の見通しがしやすい価格体系
・早い入居をして生涯安心を手に入れるに相応しい価格体系
 と言うことができます。

各施設の価格表を見る
有料老人ホーム〈ゆうゆうの里〉の各施設の価格表

〈ゆうゆうの里〉の各施設の価格詳細にリンクしています。
・神戸〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,534万円〜3,919万円 2人入居 3,818万円〜5,203万円

・大阪〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,943万円〜6,397万円 2人入居5,467万円〜7,700万円

・京都〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,949万円〜5,181万円 2人入居4,278万円〜6,510万円

・浜松〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,172万円〜4,696万円 2人入居3,594万円〜6,048万円

・伊豆高原〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,359万円〜3,243万円 2人入居3,476万円〜4,360万円

・湯河原〈ゆうゆうの里〉

1人入居2,879万円〜4,409万円 2人入居4,138万円〜6,586万円

・佐倉〈ゆうゆうの里〉

1人入居3,064万円〜4,108万円 2人入居4,768万円〜5,415万円


費用の内訳
有料老人ホーム〈ゆうゆうの里〉の費用の内訳

●入居金(入居金に含まれている主な費用)

・入居一時金:居室と共用施設を終身利用するための家賃相当額

・介護等一時金:介護保険給付対象外の介護サービスに対する費用 詳細はこちら

・健康管理一時金:健康管理や人間ドックの費用


介護等一時金の金額・サービスの内容は施設によって異なります。
詳細は各施設価格表をご参照ください。


●管理費

管理費は共用施設等の維持・管理費、事務・管理部門職員の人件費及び事務費並びに各種相談、余暇活動サービスに要する費用に充当されます。管理費は各施設によって異なりますので、各施設の価格表をご覧ください。
*管理費は定住しない場合にも契約日よりお支払いいただくことになります。


●食費

食堂を利用した場合の食事費用


●光熱水費等

居室において個人で使う水道/電気/電話代などの実費、空調費/暖房費(居室タイプによる)


●その他

洗濯時の洗剤等諸雑費(実費)、医療機関への受診付添い時の交通実費、おむつ等介護消耗品代(実費)、一時介護室利用時の諸雑費、ゲストルーム/駐車場/貸倉庫/コインランドリー等の利用料、入浴介助時のシャンプー等消耗品代、買い物代行時の交通実費 ※施設により異なります。


返還金制度について
有料老人ホーム〈ゆうゆうの里〉の返還金制度について

契約後15年以内に、契約者が亡くなったり、退去して契約が終了した場合には、返還金制度が適用されます。
返還金の額は契約期間により日を単位として計算されます。

■入居後3月以内の解約について
契約から3月以内に契約終了した場合には 下記の費用を除いた全額を無利息で返還いたします。

1. 契約終了日までの施設利用等の対価としての日割り利用料
2. 日割り計算による管理費等の費用
3. 居室の原状回復のための費用

介護等一時金の内訳について

[介護等一時金の内訳(金額はすべて税込)について ]<京都施設の例>

介護等一時金は、居室と共用施設における平均利用年限に係る介護保険給付対象とならない介護サービスの費用の額に、平均利用年限を超えて継続的に利用する場合に備えて受領するものとして合理的に算定した金額を加算した額をご契約時に一括してお支払いいただく負担金(一人あたり7,020千円)です。また、負担金設定時の長期推計額の内訳は以下のとおりです。
(平成27年4月1日現在)

要介護者等以外に提供される生活支援サービス ……… 2,673千円
[生活支援サービス例]
1:一時的に体調を崩した時の日常生活上の介助

2:緊急時又は一時的に体調を崩した時の医療機関への通院、または入退院の付添
 協力医療機関と、宇治市内の医療機関及び南京都病院、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院に限ります(但し京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院については協力医療機関より、医仁会武田総合病院については宇治武田病院より紹介があった場合に原則付添います)。
 通院付添い時の交通費実費(付添い職員も含む)は入居者負担。京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院の通院付添いは原則タクシー利用。

3:入院時見舞い訪問
 但し協力医療機関と、宇治市内の医療機関及び南京都病院、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院に限ります。
 回数は原則週2回、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、医仁会武田総合病院は原則週1回。

4:居室等からの緊急用コールの対応
5:アスレチックジムトレーニングサービス
6:プールトレーニングサービス
7:自然とふれあい親しむイベントの提供

要介護者等に提供される人員過配置によるサービス ……… 4,347千円
(要介護者等2人に対し、週40時間換算で介護・看護職員1人以上)
人員を基準以上に配置して提供する介護サービスのうち、介護保険給付(利用者負担分を含む)による収入でカバーできない額に充当するものとして合理的な積算根拠に基づく
なお、当該金額は、老人福祉法第29条第6項で定める受領が禁止されている権利金又は対価性のない金品に該当しません。

※このほか、以下の料金が入居者負担となります。
・介護に伴う消耗品代(おむつ代・リネン費など)実費
・共用介護個室利用時のリネン代・・・150円/日
・洗濯諸雑費・・・200円/回(但し月5回以上利用の場合は1000円を上限とする)
※介護等一時金の金額・サービスの内容は施設によって異なります。詳細は各施設価格表をご参照ください。
※金額はすべて消費税込み。