ゆうゆうの里
0120-70-1165
ゆうゆうの里
0120-70-1165
神戸〈ゆうゆうの里〉0120-658-870
豊かな自然に囲まれた
有料老人ホーム神戸〈ゆうゆうの里〉は、
閑静な住宅街に位置し、
生活の場としても「いかりスーパーマーケット」をはじめとする
商店や郵便局などの公共施設も身近にあります。
またシルバーカレッジのある「しあわせの村」も近くにあります。
見学会のご案内
神戸〈ゆうゆうの里〉では
次の日程で見学会を予定しています。
詳しくはこちらから
神戸〈ゆうゆうの里〉は、介護付有料老人ホームです。
入居してから最後まで、ご入居者をお守りいたします。
でも、介護を受けるために入居するのではなく、
できるだけ早く入居し、
人生のプライムタイムを楽しむために入居していただきたい・・・
それが私たちの願いです。

入居時平均年齢は72.19歳。
自立のご入居者は約7割。
年齢を重ねる不安から解放されて、
自由に、毎日を楽しむご入居者を紹介します。

ご入居者の声(ご入居者インタビュー)はこちら

バックナンバーはこちら

有料老人ホーム神戸〈ゆうゆうの里〉の特徴
豊かな自然を楽しむ

六甲山系の景観、豊かな緑、美味しい空気ときれいな水、神戸〈ゆうゆうの里〉には心癒される自然があふれています。
施設内には多くの樹木が育ち森林浴やバードウォッチングも楽しむことができます。
また、施設内の遊歩道や近隣には散策ルートが多数あり、自然と共に過ごす時間を満喫していただけます。


充実した暮しを支援するサービス

アスレチックジムトレーニングサービス
いつまでもお元気に暮らしていただくために、
トレーナーがお一人おひとりにふさわしい体力づくりを指導しています。
サークル活動や行事の企画から、マイクロバスの運行、銀行・生鮮食品・理美容の出張サービス、
コンシェルジュサービスや宅配便の取り次ぎなどのフロントサービス、
また、日常生活の一部に援助が必要となった場合の掃除・洗濯などの家事援助、買い物代行などを行っています。

コンシェルジュサービス
神戸〈ゆうゆうの里〉コミュニティでは趣向をこらした催し物を企画しています。
ご入居者、ご家族、職員、近隣の皆さんと交流の場として大変ご好評をいただいています。
「年間行事とサークル活動」

介護も医療連携も安心
施設内には24時間安心の介護を提供するケアセンターがあります。

日常的に介護が必要となった方のためにケアセンターが設置されています。
ケアセンターではお一人おひとりのケアプランに対応した介護を提供します。
いわゆる寝たきりや認知症など心身の状態に変化があっても最後までお守りいたします。

介護職員等の人数についての詳細はこちら
※介護保険給付対象外の介護サービスに対する費用として、介護等一時金が必要です。
 介護等一時金について詳しくはこちら

また、敷地内には、当財団が別に運営する神戸〈ゆうゆうの里〉診療所があり、入居者の健康を管理しています。
万が一、病気や怪我をした場合にも安心です。
介護と医療連携については、こちら

資料を請求する/見学会をチェックする

広報誌「かたつむり」
入居検討のお客様に発行しています。
バックナンバーはこちら

基本情報・公開情報
■ 第三者評価
  第三者評価の結果はこちらから
  平成29 年1 月、介護付有料老人ホーム神戸〈ゆうゆうの里〉は(特非)
  あい・ライフサポートシステムズによる第三者評価を受審しましたので
  その結果をご報告いたします。
  ・評価基準の詳細はこちら
  ・第三者評価モデル事業実施報告書を見る

■ 重要事項説明書
  重要事項説明書はこちらからご覧いただけます。

■神戸〈ゆうゆうの里〉施設概要
所在地/兵庫県神戸市北区鳴子3-1-2
敷地面積/45,274.27m²
延床面積/30,618.03m²
土地・建物の権利形態/事業主体所有(抵当権設定有)
建物構造/鉄筋コンクリート造地上2 ~ 5 階建
総戸数/374戸
居室面積/【一般居室】32.2~64.4m²【介護居室】20.9~48.7m²(48.7m²(2戸)は募集を行っていません)
開設/昭和58年9月(住居棟、コミュニティセンター棟)、平成3年4月(ケアセンター)

■神戸市有料老人ホーム設置運営指導指針による表示事項
施設類型/介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)
居住の権利形態/利用権方式
利用料の支払い方式/全額前払い方式
入居時の要件/入居時自立・要支援・要介護
介護保険/神戸市指定介護保険特定施設(一般型特定施設)・介護予防特定施設
居室区分/全室個室
一般型特定施設である有料老人ホームの介護にかかわる職員体制/2:1以上