7ヵ所の〈ゆうゆうの里〉
神戸〈ゆうゆうの里〉
大阪〈ゆうゆうの里〉
京都〈ゆうゆうの里〉
浜松〈ゆうゆうの里〉
伊豆高原〈ゆうゆうの里〉
湯河原〈ゆうゆうの里〉
佐倉〈ゆうゆうの里〉
コミュニティの人々
ゆうゆうの里〉で見つけた今までで最高の時間 ゆうゆうの里〉で見つけた今までで最高の時間
いつも希望をもってチャレンジを続ける人は素敵です。
人生山あり谷ありと笑って言える人は素敵です。
〈ゆうゆうの里〉はそんな魅力的な人であふれています。
そんな人は友人、家族、関わる全ての人の希望でもあります。

私たちのコミュニティで毎日を楽しむ人々をご覧ください
■おいしいものを食べている時が一番幸せ
大阪〈ゆうゆうの里〉西尾 道子さん(76歳)

毎日を楽しむ人々-1 主人とは人の紹介で出会いました。「外のことは男がする、家の中のことは女がする」という考えの人で、一生懸命働いてくれて、私は家の中のことを自由にさせてもらっていました。二人でよく旅行に行きました。私は露天風呂が大好きで、全国の温泉地によく行ったものです。蔵王の雪景色の露天風呂なんて最高でした。夫婦というのはいつでも夫婦です。二人一緒にいたときはもちろん、主人が亡くなって一人になって一人になってからもやっぱり夫婦。今も...

続きはこちらから
■金さえあればどうにでもなると思っていた
伊豆高原〈ゆうゆうの里〉菅野さんご夫妻

毎日を楽しむ人々-2 菅野様ご夫婦は入居し、もうすぐ3年目になります。菅野様のご主人様は小説家です。入居後、ホームを比較検討する際に集めた資料を見返したところ、経営者側の目線で書かれたものばかり、入居者本人が書いたものがないと感じ、なら自身が体験した事を伝えようと本を出版することにしました。その本が「老人ホームの暮らし365日」です。・・・

続きはこちらから
■勤めながら進めた終のすまい選びは正解でした!
京都〈ゆうゆうの里〉宮﨑満壽子さん(72歳)

毎日を楽しむ人々-3 「働きながら入居を検討していましたが、こんなに早く入居するとは思わなかったです。」「75歳くらいに入居しようと思っていろんな施設へ見学に行き、ゆうゆうの里にも何回も来ました。体験入居やイベントに参加するうちに、ここは自分に合っているな、早く入った方がいろんなことが楽しめるのではないかなと思い、仕事を辞めたらすぐに入居しようと決心しました。引越の準備は忙しかったけれど、今ではそれが良かったと思っています。・・・

続きはこちらから
小冊子「夢にチャレンジ」
小冊子「夢にチャレンジ」
プレゼント

これは、〈ゆうゆうの里〉で暮らす38人の方々の今や、
これからの夢にチャレンジする様子を紹介した小冊子(全63頁)です。
ご希望の方に無償で配布しています。

無償小冊子
「夢にチャレンジ」
を請求する

(このページから「夢にチャレンジ」を
希望するにチェックを入れてください)

無償小冊子
「夢にチャレンジ」を請求する

各施設のブログにも
コミュニティの人々は登場しています。

ブログ

【各施設のコミュニティブログ】
神戸  大阪  京都  浜松  伊豆高原  湯河原  佐倉

〈ゆうゆうの里〉の入居に
早すぎることはありません。